ネズミ駆除で糞尿のお悩みさようなら!危険な動物をシャットアウト

春と夏の違い

巣

春の時期が安全です

昆虫類のほとんどは、温かい時期に生まれて、寒い時期になると死亡します。それはスズメ蜂においても同じで、ほとんどのスズメ蜂は寒い時期になると死亡するのです。しかしそのなかでも女王蜂だけは例外で、寒い時期になっても木の中などに隠れて生命を維持します。寒い時期を生き延びた女王蜂は、春になると活動を再開します。いっぽう活動を再開したばかりの時期は、寒い時期を乗り越えたために、栄養が不足した状態です。栄養が不足した状態ですから、当然ながら活動性があまり高くありません。そのため凶暴とされるスズメ蜂であっても、退治し易い状態なのです。したがってスズメ蜂の退治は、春の時期に行っておくと、安全に実施することができます。

夏は専門の業者に依頼

ただし春が過ぎて夏になると、女王蜂は体力が回復しますし、多くの卵を産みます。すると働き蜂がたくさん生まれるために、巣が大きくなって簡単には退治ができない状態になるのです。そこで夏のスズメ蜂の退治は、専門の業者に依頼することが人気になっています。専門の業者の場合には、まずは住民の安全を優先します。例えば退治を実施しているときに、住民が刺される可能性も否定できません。そのため専門の業者は、住民の安全を確保してから、退治を開始するのです。また専門の業者も、自身の安全を確保しなければなりませんので、防護服を着用しています。防護服の場合には、蜂が刺したとしても、皮膚まで貫通しない構造をしています。また強力な殺虫剤を使用するために、短時間で退治をすることが可能なのです。