ネズミ駆除で糞尿のお悩みさようなら!危険な動物をシャットアウト

スズメバチへの対策

ハチの巣

手作りのトラップ

最近スズメバチの仲間のキイロスズメバチが都市部において広く進出するようになっていて、市街地でもスズメバチを見かける機会が増えてきました。スズメバチが住宅に営巣するケースも多く、対策が必要となっています。個人的にできる対策としては、スズメバチトラップを仕掛けるという手があります。近くにスズメバチの巣がある場合、庭などに頻繁に蜂が飛んでくる場合があって危険です。こうした蜂をトラップに嵌めて、退治するのがスズメバチトラップです。手作りでも製作でき、比較的簡単な材料でできるので蜂被害に悩む人に人気です。代表的なのはペットボトルを用いた方法で、側面に穴を開けたペットボトルの中に、酒や酢、そして砂糖などを混ぜた液体を入れて木などに仕掛けるというものです。液体のレシピについては様々ですが、要はスズメバチが好む樹液を模したものを作ることで、これに誘引されたスズメバチがペットボトルの中に入って、液体の中に落ちて溺れる事で退治できるという方法です。

早めの対策

スズメバチというのは春先になると巣作りを始めます。この際には女王蜂一匹で巣作りをするのですが、これは女王蜂以外の蜂は冬を越せないためです。ですから、巣を作り始めたばかりの頃というのは女王蜂一匹だけですので、見つけた場合には退治するのも比較的簡単です。それこそ強硬手段で専用の殺虫剤で退治してもいいですし、トラップを側に仕掛けておいて女王蜂を捕まえてしまうのもいい方法です。ただ時間がたつと中で成虫が増えてしまいます。こうした場合には不用意に刺激すると危険なので、行政や業者に連絡しましょう。周囲が自然の多い場所であれば、毎年のようにスズメバチがやってくるようなところもありますが、こうした場所であればあらかじめトラップを仕掛けておくというのもいいでしょう。巣作り前の女王蜂を捕まえてしまえば巣を作られることはありません。